骨粗鬆症

コラーゲンとグルコサミンの関連性

関節痛のサプリメントや薬を飲む際にコラーゲンとグルコサミンが含まれているものを飲むことがあります。
また、医師からのアドバイスでもこの二つをとると良い、と言われることがあります。
コラーゲンを摂りたいと思ったときには何の効果を期待して摂るのかを考えて選ぶ必要があるのです。

コラーゲンもグルコサミン、どちらも軟骨成分の一つです。
そして、どちらとも私たち人間の体に豊かな潤いを与え、一つひとつの細胞を組み立てるためになくてはならないものです。
この二つは皮膚や骨や軟骨、血管や心臓の弁に多く含まれています。

軟骨は骨と骨の間にあって、ひじやひざの曲げ伸ばしや階段の昇り降りなどの際に緩衝材として関節の動きを助けます。
本来はどちらとも体内で作られる成分ですが、加齢とともに作られる量が少しずつ減少します。
その結果、軟骨がすり減ってしまい関節痛を起こす原因となります。

グルコサミンは、軟骨を分解する細胞の働きを抑制することで、軟骨の再生を促進します。
そのため、グルコサミンとコラーゲンを合わせて摂取すれば、軟骨の再生がスムーズに行われ、より効果が出るようになるのです。

美肌や髪のツヤ・コシが出ることが目的ならばコラーゲンのサプリメントやドリンクを摂取しましょう。
関節痛の緩和や予防が目的ならば、グルコサミンも含まれているものを摂取するほうがより効果を実感できます。
もちろん、グルコサミンが含まれているものを摂取しても美肌効果が全くないわけではありません。
関節へグルコサミンやコラーゲンが行き渡れば余ったものは体内から出ず、きちんとほかの場所で効果を発揮します。
なので関節痛を和らげる目的でサプリメントを摂っていたのがいつしか肌のたるみが改善されたという例もあります。
ただ、それぞれ目的に合わせた栄養が配合されています。
せっかく飲むならば、効果を期待しているところにすぐに効くのが望ましいですから目的に合ったものを選びましょう。

このページの先頭へ