骨粗鬆症

コラーゲンを摂る事ができる食品

コラーゲンはたんぱく質のいっしゅなので肉や魚に含まれています。
人間の身体で使われている場所と同じで、骨や皮、筋や軟骨に多いです。
特に有名なのがフカヒレやすっぽんといった高級食材です。
中国の宮廷料理としても食べられていたものですが、美容効果がとても高いと言われています。
もう少し身近で食べやすい料理としては、鶏料理、軟骨のから揚げ、豚足や角煮、煮魚といったものが挙げられます。

ただし、コラーゲンを摂りたいと思ったときにはこれらをただ食べればよいわけではありません。
食べる際にはいくつか気を付けるべきことがあります。

まず、コラーゲンは水溶性が高いため、食べ方の工夫が必要です。
煮物や鍋料理の時に、冷めると煮汁がプルプルになったのを見たことがあるでしょう。
このゼリー状になるのはコラーゲンが溶け出たからです。
つまり、煮魚や鍋といった煮る調理法の場合には煮汁まで摂らなければコラーゲンを摂ることができないのです。
しかし、煮汁まで残さず摂ると脂肪や塩分過多になることもあります。
そうすると肥満や高血圧の原因になりますから摂りすぎには気をつけなくてはなりません。

また、コラーゲンを多く含む食品を摂っても合成に必要な栄養が足りてなければ意味がありません。
ビタミンCや良質のたんぱく質が必要です。
鶏肉のから揚げや手羽先、やあんこう鍋といったものを食べると良質なたんぱく質も一緒に摂ることができます。
ビタミンCは別でサラダやフルーツを摂るよう意識しましょう。

毎日鶏肉や煮魚を繰り返し食べるのは途中で飽きてしまいます。
そこで、飽きてきたらゼラチンを摂ることもお勧めなのです。
ゼラチンはコラーゲンの一種でより体内に吸収しやすいと言われています。
フルーツゼリーであればコラーゲンとビタミンCが一緒に摂ることもできます。
カロリーも低いし味のバリエーションもあるので継続して食べやすいので食事に飽きてきたら取り入れてみましょう。

このページの先頭へ