骨粗鬆症

コラーゲン注射の詳細

メスを使わない整形手術としてプチ整形が行われるようになり、整形手術へのイメージは変わってきました。
コラーゲン注射もプチ整形の一つで、名前の通り体内にコラーゲンを注入する施術法です。

コラーゲン不足が原因で起こるシワやたるみを改善するもので、気になる箇所にコラーゲン注射を打つだけです。
事前にアレルギー検査を受ける必要がありますが、当日は施術時間は注射を打つだけなので15分ほどで終わります。
メスを使う整形手術とは違い入院の必要もありませんしメイクやお風呂も大丈夫です。

アレルギー検査で反応が出てしまうと注射が受けられません。
また、ごくまれに副作用が出る場合があります。

簡単な施術法なため、効果が長続きしないことが問題点です。
一般的で最も安価な注射で2か月から半年は効果が持続すると言われています。
注入したコラーゲンが体内に吸収するまで持続しますが、吸収されてしまうと注射前の状態に戻ります。
この注射の料金は10000円前後です。
注入後の姿を維持するためには年に2回~4回、人によっては2か月に1度継続して続けなくてはならないということになります。

もちろん、もっと高価な注射になれば効果が長く続くものもあります。
ヒューマンコラーゲン注射とかオートコラーゲン注射、スーパーコラーゲン注射といったものもあります。
スーパーコラーゲン注射などはしわ1㎝につき50000円ほどかかりますが、効果が5~6年持続すると言われています。

このように注射の種類も様々ありますし、注射を受ける前には自分の見た目がどのように変わるかのイメージも難しいものです。
そこで、興味がある人はクリニックに相談に行くことをお勧めします。
美容整形外科や、美容整形クリニック、皮膚科でも最近は行われているところがあります。
取り扱っている注射の種類も費用も病院によって異なりますから事前に相談をしたほうがより安心して施術が受けられます。
手軽に施術が受けられるようになったために興味を持つ人の数も増えましたが絶対安全なものではありません。
また、せっかく注射をしたのに思い通りの仕上がりにならなかったということもありますから、事前のカウンセリングで納得のいくまで相談して施術を受けるようにしましょう。

このページの先頭へ