骨粗鬆症

コラーゲンに含まれる若返り効果

わたしたちの体内では、常にコラーゲンの分解と合成が繰り返し行われています。
年を取るにつれて、このバランスが崩れ、分解のほうが多くなってきます。
これは老化現象の一つで、バランスの崩れからコラーゲン量が不足するだけでなく柔軟性も失い、シワの増加や、ハリがなくなったり、関節や骨に痛みが出たりします。
そこで、老化を予防するためにコラーゲンを補給する必要があるのです。

特に女性は年齢が肌に出やすく特に顔のたるみやシワは老け顔の原因です。
そこで、コラーゲンの力で見た目の老化を止めることができます。

私たちの肌は皮膚の奥にある真皮のコラーゲンで肌のハリや弾力が保たれており、これが老化と共に量が減ってきて肌を支えられなくなりシワやたるみの原因となります。
20歳から老化が始まり、自分で肌の変化に気づくころには真皮がスカスカになっている可能性があります。
気付いたところから対策しても十分効果がありますから根気強く対処をしましょう。

コラーゲンは毎日5グラムは必要とされています。
毎日の食事の中で5グラムも摂取するのはとても難しいのでサプリメントやドリンク、化粧品などで摂ることも考えましょう。
特にサプリメントやドリンクはコラーゲン以外にも合成に役立つ栄養や肌に効果のあるものが多く含まれています。
そのため、肌への早めの効果が期待できます。
化粧品での摂取は真皮までコラーゲンを届けてくれるわけではありませんので、一日に必要な5グラムの一部とは考えないようにしましょう。
あくまで親水性の高さからシミやニキビなどの肌のトラブル予防に効果が高いだけですので気を付けましょう。

また、見た目や肌の若返り以外にも効果が期待されます。
コラーゲンは骨や関節にも含まれます。
年齢と共にここでも量が減り骨粗鬆症や関節痛の原因となります。
早いうちから摂取することで健康で丈夫な足腰を作ることができます。
こういったところからもアンチエイジングhttp://www.bunkoyasan.jp/anntieijinngu.htmlに効果があると言えるのです。

このページの先頭へ